ヴィンテージプラスチックのアクセサリー♪ -Reverse Carved Lucite-

初期のプラスチックのひとつ、ルーサイトのアクセサリーたちです♪
1940-1950年代、欧米ではホームワークとして
ベークライト・ルーサイトなどの初期プラスチックに彫刻するというクラフトが人気でした。

水中花のようにですが。。。
裏側をほって、その部分を色付けしてあるんです。
それが綺麗に花が咲いたように見えるの♪
DSC07851.jpg

多分これらが作られ始めたころは、このように裏が見えてますが、
DSC07853.jpg

後期になると、白い樹脂で裏を覆ったタイプのものが出てきます。
DSC07854.jpg

ヨーロッパ製のもの はもっと繊細な彫りのものが多い気がします。
アメリカは何でも大胆なデザインなのかなー?

これは珍しい大振りなブローチ♪
DSC07865.jpg
白い蘭の花が美しく彫られていて、幻想的~

この子達は、次回の新商品UP時に掲載予定です。

↓ Please vist my 'Import & Vintage' Webshop   


These are the accessories which were made of one of the early plastics, Lucite.
In the 1940 and 1950s in Europe and America,
these crafts were popular as home work.

They look like flowers in water,
but they were carved and colored from the backside.
They are still beautifully blooming!

Finishing differs by the era they were made.
Products in the early period, we can see their carved surfaces.
But in the later period, the surfaces were sometimes covered with white resin.

I think the products in Europe are more delicate.
American design is bold in anything?

The large-sized brooch is rare one.
A big white orchid was carved beautifully and is fantastic!!
I will upload these Lucite accessories next time.
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://carmonacorp.blog.fc2.com/tb.php/755-d1f256c5