昭和遺産的♪ - 名曲喫茶 ライオン -

月曜日・火曜日と東京に行ってました。

滞在中、予てから行ってみたかったこちらのお店へ。。。
IMG_3491.jpg

渋谷の賑やかな通りから路地へ入り、妖しいお店た立ち並ぶ界隈。
そこを抜けてふと寂しくなったところに現れた、ものすごく古そうな建物!
IMG_3492.jpg

勇気を出して扉を開けると、中もまるで異空間。
ヨーロッパの古い小劇場っぽいかな。。。
その中に響き渡る、ノスタルジックな音色のクラッシック。

私語禁止につき、店員さんの案内も、注文の際も、超小声で(笑)
ほかのお客さんたちも、無言でひたすら名曲を聴くのみ。
寝てるように見える人も。。。

二階席でアイスコーヒーを頂きながら、古の雰囲気に浸りました。
店内撮影も禁止なので、パンフレットのみ。
IMG_3493.jpg

これで何かしら伝わるものはあるかな?

かつてはこういうお店は何件かあったのでしょうが。。。
今となっては唯一無二の存在でしょう。

好き嫌い、居心地善し悪し、コーヒーの味云々ではなく
存在自体が素晴らしい、そんなお店でした。

名曲喫茶 ライオン 東京都渋谷区道玄坂2-19-12

↓ Please visit my 'Vintage & Antique' Webshop   


I was in Tokyo on Monday and Tuesday.
Then I went to a cafe "Coffee & Music Lion"
which I wanted to go for some recent years.

It was a little off from the lively area in Shibuya.
I found the cafe when I just passed some shops for adults.
The extremely old building was appeared suddenly.

I opened its door with courage.
Inside the cafe was also so unusual.
It was, so to speak, like an old small theater in somewhere in Europe.

Nostalgic tone of classical music was played in there.

We could not speak freely and loudly there, so I ordered in a super low voice.

All the other customers were listening to the classical music in silence.
Some were looked like sleeping.

I sat at a table on the second floor,
and enjoyed the old atmosphere drinking iced coffee.

Taking photographs was also prohibited.
So, here's just its brochure.

There used to be some coffee shops like this at that time,
but now, it's the one and only.

Not likes or dislikes, comfortable or uncomfortable,
good taste coffee or not, its existence itself was just splendid.
スポンサーサイト

素敵すぎます

新しいカフェもいいけどこうやって昔からある素敵な喫茶店もいいですよね~
確かに扉を開けるのは勇気がいりそうですが・・・
店内撮影も禁止だったんですね~
気になります
どんな名曲が流れていたのでしょうか?
私語も禁止だと一人でしか利用できませんね
[ 2014/10/23 18:37 ] [ 編集 ]

すごいです!

昭和歴史遺産として残すべき喫茶店ですね。
店内は薄暗くて、みんな静かにクラッシックを聞いてる、
という全く異色の喫茶店です。
ほとんどがおひとり様でしたよ。

この時は、ドビュッシー作曲のヴァイオリンソナタが流れてました。
日によってプログラムが変わるみたい。
あと、好きな曲があればリクエストもできるそうです。
常連にならないと無理ですね~(笑)
[ 2014/10/23 18:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://carmonacorp.blog.fc2.com/tb.php/1410-184e8818