60年ぶりの帰国♪ 

今日は次回に掲載予定のカップ&ソーサーを紹介します。

占領下の日本で作られ米国へ輸出されたものの里帰り品です。
IMG_4978.jpg

どこかしら、ジャポニズムを感じるお花のデザイン♪
IMG_4981.jpg

戦後占領期の日本では、輸出向け製品に "Made in Occupied Japan" (占領下日本製)
と表示することが義務付けられましたた。
この表示が使われたのは、1947年ごろから1952年までの約5年間です。
IMG_4980.jpg
お隣の愛知県、瀬戸の窯で焼かれたもののようです。

約60年振りに、ほぼふるさとに帰国って感じですね♪ おかえりなさい

↓ Please visit my 'Vintage & Antique' Webshop   


Today, I introduce a set of cup & saucer which I will upload next time.
It's a homecoming product which was once made in Japan under the occupation,
and was exported to the U.S.A..

I can see there is something Japonism on the design of the flower.

After the WWⅡ, in Japan of the occupation period,
the export products should have been stamped as "Made in Occupied Japan".
The stamp was used for about 5 years from 1947 to 1952.
It seems that it was made in Seto, Aich, next to Gifu.

It finally came back to its hometown.
Welcome back after approximately 60 years in America!
スポンサーサイト

勉強になります

輸出向け製品に表示の義務付けなんてあったんですね
まったく知りませんでした
こちらのカップ外国に60年も旅に出てたんですね
割れもしないで大切にされていたんですね
[ 2014/05/02 20:29 ] [ 編集 ]

超長旅!

でしたね。
60年。。。
どこかのお宅で?眠ってたのでしょうか。。。
あまり頻繫に使われた感じはありません。

日本も変わったから、浦島太郎状態ですね♪
[ 2014/05/03 09:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://carmonacorp.blog.fc2.com/tb.php/1267-4af1c2c4